2008年05月19日

引っ越し一年

080517_1230~0001.jpg

日々の慌ただしさにかまけて後回しになっていた、レコード棚をようやく購入。
段ボール箱に入れっぱなしだったレコードを、やっと引っ張り出せた。
嬉しくて一日中、とっかえひっかえレコードをかける。
ああ、こんな音だったと思い出せて、嬉しかった。
よく「音がいい」って言葉を使う事があるけど、その「良さ」って、実は人それぞれに違うものなのでは、、と思う。
この場合は、とにかく、ずっと聴いてても疲れない音、、という事が大きい。
ノイズはパチパチ入るし、聴きこんだレコードは、音がかすれてしまうけど、その場の「空気感」が伝わって来る。
リビングにレコードが置けてよかった。

鹿島達也
posted by 鹿島達也 at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。